収入の範囲では生活が出来ず、債務が出来てしまうこともあります

サイトメニュー

精神科を受診しよう

カウンセリング

双極性障害の可能性があります

職場や人間関係のストレスが溜まっていたり、家庭不和などがあると、寂しさやいらだちなどから、買い物やギャンブルなどで浪費をしてしまうことがあります。収入の範囲であれば問題ありませんが、金融機関でお金を借りて、買い物やギャンブルをする人は要注意です。浪費癖は病気のひとつです。多額の債務が出来てしまったり、浪費癖をやめられない場合は、精神科などで相談をすることが大事です。精神科の病院やクリニックは、心の病気で苦しんでいる人が受診しやすい環境が整っています。双極性障害は代表的な精神疾患のひとつなので、増加傾向にあります。躁状態とうつ状態を繰り返す病気ですが、躁状態になると気分が高揚するため、宝石や着物、ブランド品などの高額な買い物をしてしまうことがあります。家族が精神的にイライラしていたり、話しだすと止まらないなどがある場合は、躁状態の可能性があります。買い物依存症はあまり物が欲しくなくても、購入してしまうので、品物を箱に入れたままの人もあります。

精神科の病院やクリニックでは、ギャンブルや買い物などで浪費癖のある人の治療を行っています。病気を治すためには、カウンセリングなどの精神療法が有効です。浪費癖は本人にとっても問題がありますが、配偶者や家族にも迷惑が掛かることが多いです。双極性障害などの精神疾患に罹っている場合は、信頼できる家族にお金の管理をしてもらうことも大事です。クレジットカードは利便性が高いですが、会計時になるべく使わないことも大事です。複数のカードを持っている場合は、あまり使用していないカードを解約するのもお勧めです。ギャンブルや買い物の依存症は、適切な治療を受けることで、改善することもあります。精神科の病院やクリニックでは、問診やカウンセリングに時間を掛けてくれるので、病気の診断が付くことが多いです。双極性障害の場合は、気分安定薬を処方してもらうことで、躁状態を抑えることが出来ます。症状が改善してくると、お金の管理が出来るようになります。普段から家計簿などは、きちんと付ける習慣を付けましょう。

Copyright© 2019 収入の範囲では生活が出来ず、債務が出来てしまうこともあります All Rights Reserved.