収入の範囲では生活が出来ず、債務が出来てしまうこともあります

サイトメニュー

人柄のせいではなく症状

女性

遺伝子を調べるなど早めに対処する事も可能

浪費癖は近年、意志の強さや弱さではなく、脳の機能の変化や病気、ととらえられており、さらに依存症ととても似た一面があるとされています。脳の状態からの視点としては、依存症や浪費癖の人は、前頭前野の部分が委縮していたり、その他の部分の脳の血流がうまく流れていない場合が多いとされています。要するに脳の?RIを撮影すると、前頭前野の部分の機能が停滞している可能性が高い、ということになります。脳の?RIは認知症の検査の際などにも使われるもので、中でもMRスペクトロピーを使用すると、よりわかりやすくデータを取ることが可能な時代になりました。また、前頭前野の機能の低下の他にも、脳の部位の報酬系にあたる部分も停滞化してしまっている、という特徴があるという理由から、画像診断で的確に、病気として発見されて、治療されることが望ましいと、世界でも日本でも題材的に注目されています。前頭前野の部分が低下すると何が起こるかというと、衝動性のコントロールが効きにくくなる、という現象が起きてきます。

浪費癖が脳の機能の低下という病気、として注目されている理由としては、心の状態が、人間関係だけではなく遺伝などにも強い影響を受けているのではないか、という研究が進んでいる点が理由としてあげられます。また、脳の画像解析の技術も格段に上がってきている、という理由も勿論ありますが、世界的な研究の環境が、浪費癖などが心の問題だけに理由付けない、脳や体の総合的な視点が重要視されてきている事、がかなり関係しています。浪費癖や依存症も、遺伝子治療の研究で何か解決できるかもしれない、という意見も多く、ストレスに対する受け皿の遺伝子の状態や、伝達物質のありようを細かく観察している論文等も、多く発表されています。素晴らしい論文が発表されると、依存症や浪費癖についての情報への感心や人気は必然的に高くなります。さらに、今はSNSでも良い論文が一般にも公開されている点からも、よい情報も拡散されやすくなっています。昔は一部の世界の人しか知ることのできなかった論文も、気軽に読める時代だからこそ、浪費癖などの病気への研究への情熱や解明方法探求への人気が上がる、という事になります。

Copyright© 2019 収入の範囲では生活が出来ず、債務が出来てしまうこともあります All Rights Reserved.